昔のタイの義務教育は小学校まででしたが、2003年から日本の中学校に相当する学年まで義務教育が延長されました。
このところのタイ経済も持ち直してきたようでが、それでもなお月750バーツ程度の学校にかかる費用が払えず義務教育すら受けられない子供達がいます。
育英資金もあることはあるのですが、それだけで進学できるだけの金額にはほど遠く、根本的な問題解決には結びついていないようです。

彼らの母親達が作った民芸品を、お住まいの地域で販売していただける方や、グループで購入していただける方がいらっしゃいましたら、御協力ください。

民芸品は [こちら] をご覧下さい。

詳細は [こちら] をご覧下さい。