隣のリングではウボン・ラチャターニーとシー・サケットのボクシングの親善試合が
行われていました。


この方はタイで有名なボクシングの役員のクロンジャク・ンガンミースリさんという方で、
アマチュアからプロのボクシング界の重鎮的な存在です。
この方から縄跳び用のロープをプレゼントしていただきました。もっと運動しろということなのでしょうか・・・(^^;;


日本で言えば、小学生の高学年から中学生といった少年達が親善試合にも
関わらず、都市対抗といった感じで真剣に戦っており、目の鋭さや輝きは
ムエタイのデモンストレーションとは大違いでした。


日本では高校生になるまで試合をさせてもらえないのですが、タイでは小学生でも
立派に試合をこなしています。タイの選手がオリンピックで優勝したのも、このような
素地があったからなのかもしれないと感じさせられてしまいました。


みんな良い顔をしてました。

戻る 1 2 3 4 5 6